なぜ、ミサワホームが
「八景デザイン」を取り入れたのか。

日本人には、昔から建築と庭の関係性を大事にしてきた文化があります。
茶庭、路地庭、縁側、庭園そして借景など、建築と庭とを一体空間と捉え暮らしを営んできました。
四季の変化を、花や紅葉、野鳥の観察などで教えてくれる庭は、暮らしを豊かにしてきました。
このような日々の暮らしの中で四季の移ろいを愛でてきた日本人の「心」を継承していく、
そんなデザインを通じて、いつまでも愛着のもてる住空間をつくっていきます。

land scape

「アルビオ・ガーデンさい八景」ランドスケープは、
オリジナル外部空間デザイン手法「八景デザイン」で
展開していきます。

大径木の並木、リズム感のあるアプローチなど、ダイナミックなランドスケープデザインの中に、
日々の生活に入り込んだ五感を刺激するヒューマンスケールの風景を創出します。

※掲載の内容は計画段階のもので、実際に完成時の内容と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
※掲載の外観完成予想図は、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩・植栽等は実際と異なります。また、施工時の植栽は完成予想図程度に成長しておりません。予めご了承ください。