Loading
MISAWA
MISAWA
albio
モデルルーム案内図来場予約資料請求物件概要
トップページ コンセプト アクセス・ロケーション デザイン 眺望 モデルルーム ルームプラン 設備・仕様 構造・セキュリティ
外観完成予想図
DESIGN

グランドデザイン。

広大な敷地だからこそ成し得るグランドデザイン。


イーストコート・サウスコートの2棟建て・
全144邸のビッグスケールプロジェクト。
敷地配置図

五日市の新たなるシンボルとなる、

存在感に満ちたツインタワーレジデンス。

「アルビオ・ガーデン五日市ヒルズ」はイーストコートとサウスコートの2棟からなる配棟設計。それぞれ14階建て・72邸、合計144邸の住戸を有する計画となっています。それは、5,736.00㎡もの広大な敷地面積だからこそできるビッグスケールのプロジェクトです。その壮大な存在感のある姿は、発展の街、五日市の新しいシンボルとして次代の風景となります。

日常にプレミアムステイタスをもたらす、

洗練された白と黒を基調としたファサードデザイン。

白と黒のシンプルな外観は、周囲に配された植物に溶け込むよう1階部分を自然石仕上げに。バルコニー面から妻側に庇を回し、存在感あふれるイメージを与えるため、特徴のあるデザインとしています。イーストコートとサウスコートのデザインを少し変えることで視覚的変化をもたらし、それぞれが美しく見える効果をもたらしています。全体的にシンプルなクオリティと落ち着きのある雰囲気となっています。

広島市中心部方面に向かうシティビューを満喫。

東側に配置されたイーストコート。

イーストコートは敷地の東側に位置しており、広島市中心部へ向いたシティビューを楽しめるレジデンス。2階にはキッズルームや集会室・コミュニティルームといった、入居される方々が有意義な時間を共有できるよう、交流のスペースを設けています。開放廊下には入居者のプライバシーに配慮した目隠しスクリーンを設置しています。また、照明がそのスクリーン越しに淡い灯りとなり、幻想的な雰囲気を演出しています。

瀬戸内海や宮島への開放的な眺望美を享受できる、

南側に配置されたサウスコート。

サウスコートは「アルビオ・ガーデン五日市ヒルズ」のメインとなるグランドエントランスを有した建物で、南側に配置されています。五日市の街を眼下に、そして遠方には瀬戸内海を望むステージとなっています。両妻のカーテンウォールに空が映り込み、風景と一体化するよう計算されています。上層階にはルーフバルコニー付きの特殊住戸を設計しており、建物全体の造形に変化をもたらし、存在感を強めています。

外観完成予想図

ガーデンランドスケープ。

太陽の光をたっぷりと浴び、成長する木々の美しさに悠久の時間を感じながら、

愉悦の人生を謳歌していただくためのランドスケープデザインを施しています。
敷地配置図
シーズンズガーデン
ヒーリングガーデン

「アルビオ・ガーデン五日市ヒルズ」のメインガーデン、

四季折々の樹木を配したシーズンズガーデン。

シーズンズガーデンは「アルビオ・ガーデン五日市ヒルズ」の正面に位置するメインガーデン。新緑の季節、夏の木漏れ日、秋の紅葉、冬の雪景色など、四季を通じて感じる季節のうつろいが、日々の暮らしに癒しを感じ、自然と会話がうまれる場所という設計コンセプトにより開発されました。グランドエントランスへと続く小径として、当マンションに住まう方々の心を癒やす、憩いの場として存在していきます。

住まわれる方々の日常を癒やす交流の場。

イーストコート前に作られたヒーリングガーデン。

ヒーリングガーデンはマンションに住まう人専用のプライベートガーデンとして設計。お子様から高齢者まで、住まうすべての人が自然と集まり、会話が弾み、それぞれのコミュニティを形成していく場所となります。季節ごとに花を愉しみ、実がなる樹木を植え、収穫を楽しめる場所など、人と自然が触れ合える場となります。大規模マンションに住まう人々の交流を考慮してデザイニングされた、緑に包まれるガーデンです。

樹木
樹木
樹木
エスティナ
エスティナ
エスティナ

ホスピタリティデザイン。

住まわれる方をもてなす。日常という時間を形に反映する。
高い完成度を求めた設計思想を基に、住性能の基本と安心を形にしたパブリックスペース。
敷地配置図
グランドエントランス グランドロビー・コーチエントランス

瑞々しい木々を讃えるシーズンズガーデンと一体化し、

美しい表情を魅せるグランドエントランス。

シーズンズガーデンを抜けたところにある、「アルビオ・ガーデン五日市ヒルズ」のメインエントランスとなるグランドエントランス。季節ごとに移り変わる木々の美しさと建物の造形が調和し、品格ある空間を形成しています。エントランス横には雨の日に濡れることなく車の乗り降りや荷物の積み下ろしを行うことができる車寄せも配置。大きく張り出した庇のデザインも優雅な雰囲気を作り出しています。

光壁という、巧みな照明技術を取り入れた、

艶やかで品格のある空間を表現したグランドロビー。

グランドエントランスより風除室を抜け、建物の内部に入った場所に、天井の高さまである光壁を設計。内部に数多くの照明を配し、美しく光を放ちます。落ち着きのある壁面素材とも相まって品格のある空間になっています。そこは管理事務室に面しており、風除室と合わせて万全のセキュリティに守られています。南側の窓外にはシーズンズガーデンから続く庭の造形を配しており、ゆったりとした時間をお楽しみいただけます。

敷地内の東側に設計された、

イーストコートのメインエントランスとなるコーチエントランス。

コーチエントランスは「アルビオ・ガーデン五日市ヒルズ」の主にイーストコートにお住いの方々を迎え入れるエントランスとなります。美しく整えられたインターロッキングから植栽を抜け、建物内にエントリーします。上品なライティングを施したその空間には、木目調アルミルーバーの造形壁を配置し、落ち着きの中に華やかさも秘めたデザインを採用しています。

※掲載の完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際のものとは色・質感・植栽計画が異なる場合があります。※植栽・家具・ウッドデッキ等は、販売価格には含まれておりません。

PAGE TOP